BIE

麗水宣言

麗水世界博覧会の精神的成果となる麗水宣言の内容を紹介するコーナーです。 
麗水宣言の採択により、海洋環境の保全に向けた地球規模の共同対応を促す計画です。
  • 概要
  • 主な参加者
  • 主な内容
  • 推進状況
  • 麗水宣言フォーラム
  • 麗水宣言
14pHpuNUQev2jXeqxy2fDhwarC.jpg

  • 我々は、「生きている海、息づく沿岸」をテーマに、博覧会国際事務局の公認の下、2012年5月12日から8月12日まで大韓民国麗水で開催された2012麗水世界博覧会に主催国、参加国、国際機関、専門機関、専門家が一堂に会し、
  • 「沿岸の開発と保存」「新たな資源技術」「創造的な海洋活動」という2012麗水世界博覧会のサブテーマの目的を尊重し、
  • 人間環境に関するストックホルム宣言(1972)、環境保護に関するナイロビ宣言(1982)、環境と開発に関するリオ宣言(1992)、持続可能な開発に関するヨハネスブルグ宣言(2002)、そしてリオ+20会議(2012)の結果に盛り込まれた原則を想起し、
  • 国連海洋法条約、国連気候変動枠組み条約、国連ミレニアム開発目標、責任ある漁業のための行動規範、生物多様性条約、海洋汚染防止条約、海洋環境を陸上での活動から守るためのグローバル行動計画、その他海洋・沿岸に関する主な多国間条約、協約および行動計画に盛り込まれた関連条項を認知し、
  • 地球表面の70パーセント以上を占め、地球の生命体を維持するうえで絶対的に必要な海は、海洋生態系に依存して生きていく数十億の人口に所得と食糧を提供するだけでなく、人間と市場、そして社会共同体をつなげ、世界貿易量の90パーセント以上を輸送するシルクロードであることを強調し、
  • 海洋、海底、地域海、沿岸、島々が過度な漁業行為や資源開発、汚染物質とゴミの流入、生息地の破壊、かく乱性外来種の侵入、海洋酸性化および気候変動による異常気象、海面上昇、極地の解氷といった多くの問題と脅威に直面していることを直視し、
  • こうした脅威は、個別の国や特定地域に限定されない地球規模の問題であることから、我々は人類が海洋生態系に及ぼす悪影響を最小限に抑えるために共同の国際的努力が切実に求められていることを認識し、
  • 「海からのグリーン成長」という新しいビジョンに基づき、地球共同体の持続可能な環境的・社会的、そして経済的目標を達成するための海洋の役割について議論し、

D次のように宣言する。

  • 1. 海は地球生命体の生存に欠かせない絶対的な空間であり、人類文明の発展に不可欠の存在である。我々は、海洋環境保護の必要性を各政府に認識させ、海洋関連の懸案を国際政策の優先課題とするよう、世界の政策立案者に要請する。

  • 2. 我々は、市民社会の一員が海洋環境の保護により大きな責任意識が持てるよう、海洋文化の発展および保存に向けて最善を尽くすことを国際社会に促す。

  • 3. 我々は、海洋が地球共同体をつなげる安全かつ効果的な輸送路としての役割を継続的に果たせるよう、海賊や海上拉致など海洋で発生するあらゆる違法行為を根絶するための努力に世界のすべての国が積極的に取り組むことを要請する。

  • 4. 我々は、人類全体の利益のために国際社会が協力して魚属資源をはじめとする全世界の海洋資源が持続的に管理されるよう、「統合的生態系に基づく管理制度」を施行することを促す。

  • 5. 我々は、気候変動による異常気象や津波などの自然災害が発生した際に、資源管理者と政策決定者が速かに対応できるようにしなければならない。このため、正確な資料をリアルタイムで提供する海洋観測システムを拡大するなど、海洋に対する理解を深めるために世界の海洋科学界が努力することを要請する。

  • 6. 我々は、世界人口の急増により、食糧安全保障および陸上資源の漸進的な供給不足が懸念されることから、持続可能な経済成長に向けた新たなエネルギー源として海洋に注目している。我々は全人類に繁栄をもたらす再生可能エネルギーをはじめとする海洋資源の環境に配慮した利用に向け、先端科学技術と革新的な産業の発展に対する投資を増やすことを、すべての国に促す。

  • 7. 我々は、国際社会が開発援助、投資支援、国際協力プロジェクトなどを通じて、小島嶼国を含めたすべての発展途上国も海洋資源を持続的に利用し、自国が直面する海洋関連の問題に積極的に対処できるよう、発展途上国に対する支援の拡大を要請する。

  • 8. こうした観点から、我々は2012麗水世界博覧会の重要な遺産であり、発展途上国の海洋問題対処能力を高めるための専門家訓練および技術移転などを目指す「麗水プロジェクト」を歓迎する。

  • 9. 我々は、「人類の繁栄のための健康な海」という目標の下、様々な海洋関連義務規定の履行を促すための国連組織の強化を目指す国連事務総長の「海洋および海洋資源の保護に向けた協約、大洋協約(Oceans Compact)」の制定を歓迎する。

  • 10. 我々は、「海からのグリーン成長」という新しいビジョンを示した麗水宣言の精神に基づき、海洋に関する共同の目標を達成するための努力にすべての政府と市民社会が参加することを促す。
印刷