BIE

自治体館

自治体館 Visual
韓国の地方自治体の特徴と自主性が際立つ

自治体館 The Local Governments Pavilion

韓国の16広域自治体と開催都市の麗水、そして麗水周辺の6基礎自治体が参加している自治体館は、活気に満ちあふれ、将来のポテンシャルを秘めた韓国の地方自治体の姿をよく表している。各自治体は、それぞれの特徴を生かしたテーマに沿って展示を施し、観客の注目を集めている。これまでよく知らなかった地域の発展ぶりと現在推進している事業などを映像やパネル、照明、グラフィックをフルに活用して分かりやすく伝えている。
コンセプト
地方自治体の地域別特徴と自主性を、麗水万博のテーマに合わせて表現
運営時間
09:00~21:00
収容人数
1,172人
観覧時間
40分
展示概要
計23のブースで構成された自治体館は、韓国の16広域自治体と開催都市である麗水市、また麗水周辺の6の自治体が参加する共同展示館だ。各ブースでは多種多様な展示を施し、見る者の目と耳を引き付ける。一つ一つ回りながら、各地域の魅力を余すところなく堪能してみよう。

ソウル特別市

ソウル特別市
韓国の心臓であり、エネルギーの源であるソウル。栄枯盛衰の歴史をもつソウルで見つけた韓国の精神、都市、建築美、人物などを紹介している。世界の中心に飛躍するソウルの姿から、韓国の強い存在感が感じられる。

釜山広域市

釜山広域市
グローバル海洋都市の釜山。その環太平洋の中心都市としての役割を紹介している。海洋の特徴を生かした共生と共存、共有の都市の姿を実感させられる多様な展示物が観客を待っている。観光都市だけでなく、世界にはばたく貿易港としてのプレゼンスを感じてみよう。

大邱広域市

大邱広域市
21世紀に向かって大きく門戸を開いた知識経済都市の大邱は、「2013大邱世界エネルギー総会」の開催都市として期待を集めている。大きな関心が注がれる中、2012麗水世界博覧会で一歩先行く広報戦を展開している。大邱のブースでは、グリーンエネルギー・再生可能エネルギー関連の産業や施設を紹介し、大邱の観光資源のPRに力を入れている。

仁川広域市

仁川広域市
韓国の心臓であり、エネルギーの源であるソウル。栄枯盛衰の歴史をもつソウルで見つけた韓国の精神、都市、建築美、人物などを紹介している。世界の中心に飛躍するソウルの姿から、韓国の強い存在感が感じられる。

光州広域市

光州広域市
光の町、そして幸せな創造都市の光州は文化中心の都市として、先端産業の技術・製品を展示し、光州のビジョンを広く発信している。2015年に開かれる「光州夏季ユニバーシアード大会」のPRや美しい自然景観を誇る地域を紹介するコンテンツが展示されている。

大田広域市

大田広域市
科学ベルト拠点都市、大徳特区と科学都市としての大田をPRし、グリーンイノベーション能力トップの都市としての地位にスポットを当てる。また、大田のグリーン成長産業と技術を紹介している。

蔚山広域市

蔚山広域市
蔚山は、これまで韓国の産業首都としての役割を担ってきており、持続可能な海洋環境を造るために、CO2を環境にやさしい高分子素材に換える技術の開発に取り組んでいる。また、海洋の賢明な利用に向け、ほかの地域に先駆けて海洋資源の原油とガスの生産設備を構築している。こうした内容の展示に示された蔚山市の先進的な技術力を通じて、未来の環境に対する確信が得られる。

京畿道

京畿道
京畿道は、「西海岸で韓国の未来を見つけよう」というスローガンの下、西海岸ゴールドコースト(Gold Coast)プロジェクトを実施している。ここで西海岸は中国市場を象徴し、中国を対象にブルーオーシャン分野を切り開いて行きたいという意志が込められている。黄海を挟んで中国と向かい合っている地域的メリットを生かし、西海岸一帯を新しい成長動力の拠点にしていくという意志を表現している。

江原道

江原道
資源の宝庫、ロマンと感動に満ち溢れた東海岸と里海を、生命の海として持続的に守っていくという内容を展示している。また、地域特産品のブランド化によって世界市場での競争力を確保する取り組みや、江原道のアイデンティティを確立するための努力の様子が垣間見える。「2018平昌冬季オリンピック」のPRも活発に展開している。

忠清北道

忠清北道
韓国の中心に位置した忠清北道が、グリーン成長の新たな成長エンジンとしてバイオと太陽光産業を提示する。

忠清南道

忠清南道
「幸せな変化、新しい忠南」といコンセプトで、忠清南道の未来ビジョンと発展していく姿を提示する。韓国三大祝祭の一つ「百済文化祭」をPRしながら観光客の受け入れに努力し、忠清南道の大規模開発事業である内浦新都市の分譲のPRも展開している。

全羅北道

全羅北道
文化と芸術、伝統が息づく全羅北道の過去と現在、そして未来にスポットを当てた。また、2012年を「全羅北道訪問の年」に指定し、魅力あふれる全羅北道の観光地を紹介・広報している。海洋文化・技術や新成長エンジン産業などに関する未来ビジョンを通して、全羅北道の明るく活気に満ちた未来を想像することができる。

全羅南道

全羅南道
優秀な品質、エコ農法で栽培した食の本場といった全羅南道のイメージのアピールに重点を置いている。また、海洋資源の活用と再生可能エネルギーの開発に関する関心や研究を紹介している。全羅南道の観光地、文化、食べ物が調和したユニークな見どころが多い。

慶尚北道

慶尚北道
慶尚北道は、歴史と文化が息づく品格高い観光文化の地としての誇りをアピールしている。山、川、海など豊かな自然環境はもちろん、美しい鬱陵島を4D映像で体験することができ、未来に向けた慶尚北道のビジョンを感じることができる。

慶尚南道

慶尚南道
韓国の繁栄、世界の繁栄に向けて足並みをそろえる慶尚南道の取り組みが目を引く。まず、世界に向けて門戸を開いたチャレンジ精神、自然との共生を掲げた環境観光政策、住民の暮らしの質を向上させるための自治体の行政、技術力と情報がリードする先端産業を積極的に支援する慶尚南道の体系的な実行力が未来をより一層明るく照らしている。

済州特別自治道

済州特別自治道
済州地域沿岸ならではの特徴と価値に改めて注目し、文化と観光の拠点として済州の海洋を再発見すると同時に、済州海洋の未来ビジョンを提示している。また、済州島海洋産業の発展史、済州海女の文化と生活史についても一緒に紹介している。

全羅南道麗水市

全羅南道麗水市
万博の開催都市、麗水!海洋都市の特徴を生かし、現在の価値と未来の発展像を紹介している。恵まれた自然景観をもとに、国際海洋観光・レジャースポーツの首都としての発展を目指す一方で、豊かでゆとりのある海洋リゾート地としての可能性を提示している。「また行きたい都市、投資したい都市」というテーマを掲げ、都市のマーケティングにも力を入れている。

全羅南道順天市

全羅南道順天市
順天は、息づく沿岸である順天湾を擁する地球の庭園としてその国際的価値が見直されつつある。住みよい順天の主な観光地や市政を広報する展示が目を引く。エコ生態のイメージをアピールする「2013順天湾国際庭園博覧会」のPRも行われている。

全羅南道光陽市

全羅南道光陽市
光陽は、大規模な製鉄所があるグローバル経済・物流拠点都市として発展してきた。今後は、新しい視点で光陽の美しい自然環境を見直す必要がある。世界的な海洋観光・レジャー都市としての光陽、豊かな自然資源を有する光陽の魅力を紹介している。

全羅南道高興郡

全羅南道高興郡
恐竜卵化石地があり、恐竜の足跡が残っている不思議な先史の都市、高興。また、宇宙天文科学館や青少年宇宙体験センターがある高興のコンセプトは、「海の生命力と宇宙の神秘」である。高興半島のすばらしい海岸絶景と宇宙の神秘がいっぱい詰まった展示や体験コーナーが観客の心を捕まえる。

全羅南道宝城郡

全羅南道宝城郡
韓国最大の緑茶産地である宝城のチャレンジ精神に触れることができるブースだ。迫り来る海洋時代に備えた宝城の未来ビジョンと、宝城ならではの特徴を活かした文化・観光商品を世界へ発信している。豊かな自然、ゆとりのある暮らしを享受することができる最高レベルの品格を兼ね備えたレジャー都市、宝城のイメージをアピールしている。

全羅南道南海郡

全羅南道南海郡
南海郡は、地理的・文化的海洋資産を地域の特色とし、スポーツとレジャーを同時に楽しめる海洋観光都市としての発展可能性について紹介している。また、自治体の海洋経営のビジョン、未来グリーン産業のビジョンを提示することで、無限の発展可能性を示唆している。

慶尚南道河東郡

慶尚南道河東郡
韓国南岸の中心として、海と川、山をつなぐ未来の河東郡の生態・文化・観光の発展像を紹介している。沿岸を中心に未来海洋都市を演出しているところが特に目を引く。李舜臣将軍の露梁海戦を再現し、海洋活動の変遷について展示しているほか、漁村体験の場を設けている。
印刷