BIE

海洋生物館

海洋生物館 Visual

海洋生物館

アクアリウムの建物の中にある海洋生物館の展示コンセプトは、「海洋生物の多様性と美しさ」。干潟の生物を観察したり、4D映像を通して潜水艇に乗って海の中を旅行したりすることで、不思議で美しい海洋生物の姿を観賞することができる。生命の源である海の無限な価値と海洋生態系の重要性に気づく時間になるはずだ。
コンセプト
海洋生物の多様性と美しさ
メッセージ
多様な生物種の宝庫である海の価値、生命の源である海の生態系の重要性を伝える。
運営時間
09:00~21:00
収容人数
200人
観覧時間
20分
空間構成
第1展示館 → 第2展示館
展示概要
第1展示館の干潟生態系ゾーンでは、干潟生物が干潟で生活する姿、干満の差、雷、降雨などの自然現象の変化に適応して生きていく生命活動を観察することができる。第2展示館の海中生態系ゾーンでは、仮想の潜水艇に乗って世界的な海洋名所と深海を旅し、各地域の海洋生物の特性や活動の姿などを見ることができる。「海洋生物館」の多様な体験を通じて海洋生態系の保全の必要性と重要性を感じてみよう。

驚くべき干潟生態系 第1展示館

驚くべき干潟生態系 第1展示館
塩湿地、泥干潟、混合干潟、アマモ畑、磯の5つの展示エリアを観覧し、多様な干潟生態系を体験する。ここでは、ムツゴロウ、ゴカイ、アゲマキガイ、アラムシロガイ、エボシガイなど多様な干潟生物に出会うことができる。
観覧ポイント 干潟生物が多様な生態環境に適応して活動する姿を確認できる。干潟で生きていく生物が生態系を維持し、生存するためにどのような競争を繰り広げるのか、どのような役割をするのか、どのような特徴があるのかなどを観察してみよう。

不思議な海の生態系 第2展示館

不思議な海の生態系 第2展示館
4D潜水艇に乗って一緒に世界の海を旅する臨場感あふれる体験ができる。麗水を出発した潜水艇は、済州蚊島の「珊瑚群落地」→海洋生物が最も豊富な「コーラル・トライアングル」→プランクトンの宝庫「南極」→特異生物の天国「ガラパゴス諸島」→生体発光と熱水噴出孔で有名な「ペルー・チリ海溝」→海で最も深い場所とされている「マリアナ・トレンチ」を旅しながら、不思議で謎に満ちた海洋生態系を探検する。
観覧ポイント 4D潜水艇に乗って世界的な海洋名所を旅し、色々な場所で驚異的な海洋生物に出会い、知識と情報を得ることができる。幻想的な海中体験は観客の記憶に長い間残り続けるはず。
印刷