BIE

ロッテ館

ロッテ館 Visual

ロッテ館

信頼をもとに顧客にクリエイティブな楽しさを提供する企業「ロッテ」は、2012麗水世界博覧会を訪れる約800万人の観客に、ロッテならではの多彩な楽しさを提供することを展示の目的としている。神秘の森の空に飛び立つ旅路の中で、気球旅行のときめきとスリルを満喫しながら、ロッテとともに「楽しい海」を経験してみよう。
コンセプト
「笑顔が満開の世界」に向かう気球の旅
メッセージ
信頼をもとに多彩な楽しさを提供する企業、ロッテ
運営時間
09:00~21:00
収容人数
400人
観覧時間
20分
展示構成
1階(展示・イベント) → 1~2階(スロープ) → 2階(シアター) → 3階(休憩スペース)
1階(展示・イベント:愉快な旅の出発地「ファンタジーガーデン」)

1階(展示・イベント:愉快な旅の出発地「ファンタジーガーデン」)

巨大な神秘の森で4人の役者・演奏者と動く花が観客を出迎えてくれる。観客は楽しい音楽と愉快な歓迎セレモニーの中、お祭り気分で旅をスタートする。
1-2階(スロープ:胸が高鳴る「スカイウェイ」)

1-2階(スロープ:胸が高鳴る「スカイウェイ」)

旅の必須アイテムの地図と羅針盤、そして搭乗する気球の制作過程を見ていると、旅の始まりに思わず胸がときめく。
2階(360度ライダーシアター:楽しさ満載の世界に向かう「気球の旅」)

2階(360度ライダーシアター:楽しさ満載の世界に向かう「気球の旅」)

直径22m、高さ9mのサークルスクリーンとスモッグ、風、雷など五感を刺激する4Dシステム、上下左右に動くムービングプラットフォームにより、実際に気球に乗っているような臨場感とスリルが味わえる。世界最大規模を誇り、世界初の試みである360度ライダーシアターで、気球に乗って空と海の中を駆けめぐり、ロッテが創る夢と楽しさ、幸せいっぱいの世界に旅立つ冒険の主人公になろう。

3階(休憩スペース:雲の中でくつろぎのひと時「スカイガーデン」)

照り付ける日差しと長蛇の列から逃れて一休みできるように、美しい麗水の海を眺められる休憩スペースを設けた。
観覧ポイント 遊園地で思いっきり楽しく遊んでいるような気分になる。入場した瞬間から全ての展示を見て休憩スペースにてくつろぎのひと時を過ごすまで、観客の顔からは満面の笑みが絶えない。また、ムービングプラットフォームによって実際に気球に乗っているようなスリルを味わうことができる。
印刷