BIE

Satisfy Your Five Senses!

グリーンエネルギーで遊ぼう! エネルギーパーク 子どもたちの未来のための教育の場。エネルギーの生産原理を直接体験することができます。約700世帯に電力を同時に供給できる太陽 光発電所のエネルギー生産施設やエネルギーの迷路、自転車水鉄砲、リサイクルロケットなど、様々なエネルギーを活用したアイテムを直接動かすことのできるエネルギー体験の場として造成されました。
コードをつないで充電する一般の電気自動車とは違い、道路を走りながら無線で電気の供給を受けるオンライン電気バスの搭乗も欠かせない体験の一つです

再生可能エネルギーに関する問題を楽しく解いていく「エネルギーの迷路」と、太陽光を鏡に反射させて太陽電池鍵盤に当てると万博PRソングが流れる「エネルギーオーケストラ」、高いところから落ちてくる水の力で電気を作る水力発電の原理を利用した「自転車水鉄砲」と「水遊びポンプ」など、計10以上の体験施設を通じて、面白さと教育的効果を同時に得ることができます。

大型船の中に設置された 遠洋漁業体験場

Fisheries Experience Zone エネルギーパーク内にある2000トン級の巨大な船は、伝統漁業と先端漁業を同時に体験できる遠洋漁業体験場です。乗船すると4Dシミュレーションを通じてマグロ漁の過程を体験でき、私たちの食卓に上るマグロの冷凍及び缶詰の製造過程を見学することができます。さらに1m長のマグロの模型が臨場感を盛り上げてくれます。
また、伝統漁具と先端装備のミニチュアが展示されており、比較しながら見学することもできます。

 

遠洋漁業体験場では、直接1日船長になって雷と荒波のなかで2000トン級の遠洋漁船を運航することができます。また、マグロを加工する過程が見られる冷凍魚倉もぜひご体験ください。

漁師の生活を経験する 沿岸漁業体験場・藻場

Fisheries Experience Zone梧桐島の近くに設置されたこの体験場は、沿岸漁船とミニ養殖場、移動式藻場で構成されており、韓国の沿岸漁業の変遷過程と、資源管理の必要性を認識させてくれます。屋外に施された体験施設を自由に観覧することができ、とりわけミニ養殖場では、養殖用のロープを直接引き揚げてカキやムール貝、アワビなどがぶら下がっている様子を観察することができます。海面に浮かぶサッカー場の半分程の大きさの移動式藻場は、人工的に海藻類の森を造成し、亜熱帯観賞魚や大型魚種のブリを展示しています。観覧所要時間は30分ほど。

沿岸漁業体験場では、韓国南岸の代表的な沿岸漁業に使用される実物の漁船や漁労装備、漁具などが展示されています。ここでは魚を捕獲する原理を理解し、また実際の装備で体験することもできます。

印刷