BIE

Cultural & Art Events

会場内のみんなが観客!路上パフォーマンス

All the visitors are spectators! Street Performing Festival
万博会期中、会場のあちこちがストリート・パフォーマーたちのステージになります。そこで、ユニークなパフォーマンスや一風変わったステージ、歌やダンスまで多彩な見どころをお届けします。パビリオンへの入場を待っている間でも退屈しません。代表的なストリートパフォーマンスのリストは次の通りです。常設パフォーマンスは午前9時から午後7時30分まで、エキスポ広場とパビリオンの待機列周辺で随時開かれます。
ベテランのパフォーマーたちが繰り広げる_招待公演 日本の有名なストリートパフォーマンスのフェスティバル、大道芸ワールドカップで選ばれた大道芸チャンピオンによるステージ、真夏の蒸し暑さを冷ましてくれるウォーターアクション、子どもたちのための恐竜、鳥たちの大型パペットなどが用意されています。
世界のパフォーマンスが一堂に_常設公演 麗水万博で毎日観られる常設のパフォーマンスです。ウクライナとルーマニアからオーディションにより選ばれたパフォーマーたちが、会場のあちこちで観客と一緒になってパフォーマンスを繰り広げます。主にアクアリウム広場と主要ゲート、待機列とThe Big-O周辺で開かれ、マイムやジャグリング、マジック、スティルトなど見どころが満載です。
インディーズ・バンドとダンス_ユース・パフォーマンス 海洋広場と海上ステージの周りでは、若いダンサーたちとインディーズ・バンドが手を組んだプロジェクトチームによるステージが繰り広げられます。家族連れで観てもよく、またカップルなど若い観客のトレンドにも合わせたパフォーマンスです。最近、20~30代の間では「○○フェスティバル」という名の付いた音楽祭が人気ですが、ユース・パフォーマンスではインディーズ音楽を中心に、こうした新しいフェスティバル文化を体験することができます。
観客も一緒に参加する_合同パフォーマンス「ナンジャン」 ストリート・パフォーマーと観客がひとつになるカンガンスーレ・ストリートパフォーマンス。テーマ館と企業広場、エキスポ・デジタル・ギャラリーと伝統芸能ステージから出発し、エキスポ広場で合流します。「ナンジャン」とは韓国語で「たくさんの人々が入り乱れて大騒ぎをする様子」のことですが、昨今の文化界ではフリーな集まりを意味するプラスなイメージで多く使われています。
公演コンテストで優勝した各種大道芸_コンテスト入賞作 公演コンテスト入賞作品で、綱渡り保存会が披露する「パンジュル」。有名マイムチーム「ホモ・ルーデンスカンパニー」の「今日みたいな日」「たまごおばけ」「ロビンソンクルー島」などのステージで構成されます。主に海洋広場と企業広場などで開かれます。
List
印刷